スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押忍!番長設定状況 

こんにちは!戎井です。最近は春の陽気よりもすっかり初夏という言葉の方が合う季節になってきましたね。こんな天気が良いと沖縄に飛んで、開放的な空の下でパァ~っとビールでも飲みたくなっちゃいます\(~o~)/ 沖縄と言えば、10数年前にはバキバキのBモノが全盛期でホールは鉄火場だった、なんて話を聞いたことがありますが、残念ながら私はその場に足を踏み入れたことがないんですよ。私も過去にはハイビスカス系のBモノを扱ったことはありますが、本場で実際にあのハイビスカスをビカビカ点滅させたかったな

さて、今日は番長の設定状況について書こうと思います。

ホール導入から早2年。そして撤去まであと2か月となった今でも根強い稼働を保つ番長。やはり吉宗譲り、いやそれ以上のゲーム性と1G連の搭載、そしてツボにハマった時の爆発力がユーザーのハートをがっちり掴んでるんでしょうね。設定師という立場から見てこの台が辛いと分かっていても、プライベートになると、やっぱり打っちゃいますもんね。

まずは通常営業時の設定状況をご覧下さい。

「押忍!番長」通常営業時の設定状況(等価交換)
1 3 1 2 5 1 1 3 1 2 (平均設定2)

実は今の設定状況は半年前と比べて、平均設定で1ほど低くなっています。その理由は、

「設置期限(7/14)が迫ってる為、必要以上に出す必要がない」、
それと並行して「入れ替え用の5号機導入費用の確保」があるんです。


これは私個人の考えというよりはオーナー直々の命令なんです。私が設定を見るホールは正直、大手チェーン店とは太刀打ちできないほどの小規模なホールですし、ちょっとした赤字の積み重ねが死活問題に直結するんです。でも今は大手のホールさんもかなりきつい状況なのは一緒みたいですね。逆に入れ替える台数が多い分、もっときついみたいだし。

さて、この設定ですが、基本的にはホール側に利益が出るようになってます。しかし赤字になることもしばしば。特にやっかいなのが設定2。この設定は天国モードに上がりにくい分、一度上がればループ率が高いので、引きが良いとあっと言う間に5000枚位吐き出すことがあるんですよねこんな時は事故にあったと思い込んで諦めますがただ、その連チャンが終わった後はまた飲み込むので、連チャンが終わった台を高設定と思い込んで打ってくれると助かるんですけどね。逆に高設定を入れてもあまり知識がない人が打つと朝一128G回してほっぱらかしなんてこともあります。それをそのまま据え置くと、次の日は朝一でフェイク演出が発生しないので、前日出ていない台の据え置きと勘違いしてさらにほっぱらかしの悪循環が発生することもありますね。こんな状況が続くとお客さんが飛んでしまうので、サラリーマンの客層が来る時間を見計らって、「高設定ありますよ~」的なメールをさりげなく送ったりします

台に対する知識も重要なのは確かなんですが、ホールのクセを把握することはもっと大事です。ホールは利益を上げることも重要ですが、出してほしい台はきっちり出したいんですよ。

私の場合、設定5,6で出なかった場合は打ち直しもせず、目安として約3000枚の赤字が出るまで据え置きしまくります。ある意味、意地ですね。出してくれ!みたいな(笑)。逆に低設定(特に1)は3日続けてお客さんが負けた台は上げる傾向がありますね。ただ、この法則通りだと常連さんにバレバレになってしまうので、たまには裏をかいた設定を打ちますけどね。でもこの番長は不思議な台ですよ。1日単位ではある意味設定を無視した波を描きますから。導入当初は設定が分かってても、その不可解な波に悩まされましたね。

以上が番長の設定状況についての説明ですが、参考になりましたか?

今は皆さんには厳しい状況ですが、最後の1週間は今までの感謝を込めて、「さよなら番長企画」をやって最後は盛大に出したいと思っています。でもオーナーが認めてくれるか微妙ですが……。

それではまた来週(^o^)/

スポンサーサイト

初めまして! 

皆さん、初めまして!設定師の戎井です。ご覧の通り、スロットの設定師をしてます。今でこそ、ホールにはお客さんやホールスタッフ、コーヒーレディなど女性の割合も増えてきましたよね。でも女性の設定師となるとまだまだ少ないのが現実で、毎日いかつ~い男集団の中で奮闘してます。ここでは設定師として私なりのスロットの観点、情報など書いていこうと思いますので、末長いお付き合い宜しくお願いします。今回は第1回目ということで、私が設定師になった経緯を簡単に書きます。

まずこの業界に入ったきっかけですが、学生時代にバイトを探してまして、たまたま目に入ったのが、パチ屋の募集広告だったんです。他のバイトと比べて時給が良かったからっていう単純な理由なんですけどね。だったらお水でもやれば?って声が聞こえそうですが、私にはそんな勇気も容姿もないもので、ええ

そしてこのバイトが私の人生を左右することになったんですね~。今までパチンコ、スロットに全く興味がなかった私にとって空気が悪く、しかも大音量のこの職場はただのお金稼ぎの場でしかなかったのですが、何故か興味を持ち始めたものがあったんです。それが釘調整と設定調整。閉店後、毎晩店長が釘帳やデータと睨めっこしながら釘を叩いたり、設定変更する様子が妙にカッコよく見えたんです。変わってますか?自分でも変な奴と思ってますけど(´ω`●)

でも当然、そんな重要な任務をすぐに任されるはずもなく、しばらくは周囲のスタッフと同じ業務をこなす日々。それでもあの業務がやりたくて短大卒業後はそのまま社員として入社。すぐにオーナーの知り合いである九州の販社さんの下で1年半、徹底的に修行の日々。う~ん、この当時はとにかく精神的にも肉体的にもきつかったですね。なんせ、昼間はひたすらトンカン釘を叩く&データ管理の学習、夜は入れ替え作業と軟弱な私にはしごきかよ!と思ってしまうほどのハードな日々でしたから。そのお陰で今があるんですけどね。この地獄の修行後は、ホールに戻り、入社4年目に遂に念願の釘調整と設定調整の担当を任されることに\(^o^)/

今は関東にあるホールを中心にチェーン店を含めて3店舗の設定を担当してます。まだまだひよっ子ですが、夢は大きく「フリーの設定師としてホールコンサルタント会社を設立」を目標に日々格闘してます。

ちなみにプライベートでもスロは打ちます。暇さえあれば打ちます。新台はもちろん、今は番長、リオがお気に入りですね。仕事柄、勝ってると思われがちですが、そんなことは関係ありません。私の引きが悪いのかセンスが無いのか、そんなに簡単には勝てませんね(T_T) 何とかお小遣い程度の稼ぎは死守してますが……。

簡単ですが、以上が私、戎井が設定師になった経緯です。えぇ~とこれで終わるのもつまらないので、今回は知り合いの販社さんから仕入れた5号機版「北斗の拳」の簡単なスペックを紹介しますね。

■5号機版「北斗の拳」
◎ドーナツビジョン搭載機
◎出玉率92%~118%
◎今回は「ヒューイ」、「シュレン」、「ジュウザ」、「リハク」、「フドウ」が新キャラとして追加。
◎ボーナス形態はRTとRBを組み合わせたリプパン機
・赤7と緑7揃いは純増336枚
・RB(北斗絵柄)は純増112枚、RB終了後は最大300GのRTに突入
◎小役の重複当選もあり
・3種類のチェリー出現時(1/150)は約30%でバトルボーナス当選
・スイカ出現時(1/150)の約8%、チャンス目出現時(1/100)の約5%でビッグ当選
◎バトルボーナスはRB (北斗絵柄)に置き換えられ、チェリー成立時は8GのRTに突入(この間ケンシロウとラオウのバトルが展開される)。当選時は北斗絵柄が揃って最大300GのRTに突入(純増約1枚)。
◎RT中にRBが成立した場合はバトルボーナス継続。ビッグが成立した場合はラオウが昇天し、RTは終了。

ざっと挙げると以上のような感じです。6の機械割がかなり高いですが、この仕様でどんな出玉を描くのか気になりますね。一部未確認の部分もありますので、新たな情報を入手したらまたお知らせします!

以上、私にとって緊張の1回目でしたがいかがでしたか?まだまだ設定師として未熟者ですが、皆さんに少しでも有益な情報をお届けしようと思いますので、宜しくお願いします<(_ _)>

それではまた来週(^o^)/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。